明確な目標のもと、効果を高めるコース・クラス設定

高校受験コース(中1)
対 象 / 中1
科 目 / 英・数(国・社・理)
開設校舎/ 全校舎
※富山駅前校を除く
効果的な予習復習法を身につけ、基礎学力を充実させよう!
中学の学習内容に沿った授業を展開する中で、中学基礎力の定着に努めます。ノートの整理法や効果的な予習・復習、学習の効率を上げる工夫などを指導のポイントに、筋道立てて理解することを目標にします。学校での進度よりも少し早めに授業を進めることによって、学習内容への興味づけ、あるいは予習を行い理解をスムーズにします。

高校受験コース(中2)
対 象 / 中2
科 目 / 英・数(国・社・理)
開設校舎/ 全校舎
※富山駅前校を除く
苦手科目の克服と受験基礎学力の確立を!
「合格への分岐点」と言われるのが中2の時期。より高度になる中2学習内容を効率よくマスターするための徹底指導を行います。本格的な受験態勢を確立するため、基礎学力を充実させるとともに、発展力を培い、また、学校授業への完全対応により内申点の確保を目指します。

高校受験コース(中3)
対 象 / 中3
科 目 / 英・数・国・社・理
開設校舎/ 全校舎
※富山駅前校を除く
目標校突破へ向け、万全の態勢づくり。
志望校・学科別にクラス編成し、目標突破のために入試対策授業を行います。育英の豊富な受験資料をもとに、県立・公立高校入試の傾向を考え、その対策を授業の随所に盛り込んでいきます。すべての教科において充実した指導が行われるこのコースは、まさに育英の中心に位置づけられるクラスと言えます。

ハイレベルコース (アドバンスクラス) (中1~中3)
対 象 / 中1~中3
科 目 / 英・数
開設校舎/ 富山本部校
高岡本部校
トップ高合格へと導く最高水準の授業。
各県における最難関レベルの高校・学科の合格を目標とする選抜制クラスです。使用するのは高校受験コースとは異なるハイレベルなテキスト。育英が誇る高校受験のプロフェッショナルが担当し、最高水準の授業を展開します。

試験による選抜があります。

ハイレベルコース (ハイレベルクラス)(中2・中3)
対 象 / 中2・中3
科 目 / 英・数・国・社・理
開設校舎/ 富山本部校
早期からの高い目標設定で最難関大学を目指す。
将来の大学受験に備え、発展的なテキストを使い、関連付けられる単元は高校内容まで踏み込む特別なカリキュラムによって指導を行う選抜制クラスです。授業を担当するのは5教科全て高校部の教師。東大・京大・難関大医学部レベルの現役合格を目標とします。

試験による選抜があります。

開設コース・科目は校舎によって異なります。各校までお問い合せください。

速読道場 SPEED READING(小5~中3)

対 象/

小5~中3
科 目/ 速読
開講校舎 富山本部校

話題沸騰!メディアからも注目

●あさイチ(NHK総合テレビ)  
●日本経済新聞        
●週刊SPA(扶桑社)     
●やじうまサタデー
(テレビ朝日系列)
●とくダネ!(フジテレビ系列)
●シャキーン!ザ・ナイト
(NHK教育テレビ)
●シャキーン!(NHK教育テレビ)
●所さんの目がテン!
(日本テレビ系列)
●プレジデントFamily
(プレジデント社)

 

「速く」「正確」読む!集中力が身につく!テストの点数がアップ!

速読ってなんだろう?
速読とは、「斜め読み」や「飛ばし読み」といった概略把握的な読み方とは違い、「トレーニング前の内容の理解度や記憶量は維持したまま、文章を味わう要素も損なわないで、読む速A度を加速する」ことをいいます。決して「文章全体を読まずに、ざっと目を通してキーワードを拾い読みするような読み方」ではありません。
つまり、普通に読んでいるつもりなのに大幅に時間が短縮され、しかもストレスや疲労を感じず、読書できるようになります。
読書=「音読・黙読」
通常の読書は、一文字一文字を目で追っていく「なぞり読み」です。一般的には発音したり、頭の中で音声変換して読む「音読・黙読」と言われています。
速読=「視読」
速読は文章をかたまりで瞬間的に視野に入れ、同時に内容を理解する「視読」です。簡単な視読は、日常生活で誰もが行っていますが、トレーニングでは、視読できる情報量を見慣れた単語のような簡単なものからより大量で複雑な文章へと引き上げることで、高速・長時間でも負担のない読書へと移行させます。
(※簡単な視読=見知った人名であれば、絵や写真などと同様、見ると同時に認識)
処理速度(読書速度)と学習能力は比例する
知識量×処理速度(読書能力)=学習能力

日本人の平均読書速度は1分間に400〜600文字程度です。これは一般的な「話す速度」に相当します。一方、東大や京大、早慶に現役合格する受験生の読書速度は、1分間で1,500文字前後にもなります。
読書速度と学習能力は比例すると言われています。受験勉強に限らず、学習で重要なのは反復による記憶です。速読はこの反復学習に高い効果を発揮します。例えば、読書速度が2倍になれば、1時間で1回しか読めなかった文章が2回繰り返して読めるようになるわけです。