最終回 「直前判定模試」結果速報

富山県立高校入試育英模試 最終回 「直前判定模試」
(2020年2月2日(日)実施)

◆集計人数  2,655 人
◆平均点
総合 社会 国語 理科 英語 数学
131.828.527.425.926.123.8
 
高校別志望人数表(PDFファイル)←全高校データはこちらをクリック!
   ・高校別の今回模試の志望者数志望者平均点最高点を提示します。自分の志望校につい
    ての情報を手に入れよう!
 富山中部・富山・高岡高校データ 抜粋
志望校 第一志望 第一志望から第三志望
までの合計
人数 最高点 平均点 人数 最高点 平均点
富山中部 普通 122 184 160.5 418 193 163.3
探究科学 163 193 170.8 276 193 168.1
富山 普通 164 178 151.4 517 188 153.7
探究科学 119 188 159.6 352 193 162.5
高岡 普通 153 183 157 329 185 156.6
探究科学 84 185 165.3 178 185 164.1
 
得点分布表(PDFファイル)←こちらをクリック!
   ・総合,各教科の得点帯別人数表をご覧いただけます。全体順位や位置を知るのに最適です。
 5教科総合 得点帯別人数グラフ
 
◆各教科 設問のねらい、評価項目ごとの配点・結果、得点別人数
●社会
大問別の項目 配点 設問のねらい
世界地理
5
世界各国の産業や気候、宗教がわかる。
緯度・経度と時差
2
地図の見方や時差の計算ができる。
日本の産業と電力
5
日本の産業を理解し、地図から読みとることができる。
古代から近世の歴史
6
弥生~江戸時代の政治や外国のようすがわかる。
近世から現代の歴史
5
幕末~平成時代の政治や外国との関係を理解できる。
現代社会と日本の政治
6
現代社会のできごとや選挙、裁判所について理解できる。
私たちのくらしと経済
6
政府の経済的な役割を理解できる。
総合問題
5
九州地方の地理や江戸時代の文化、経済に関する問題を理解できる。
評価項目 配点 平均点
世界地理      53.3
緯度・経度と時差  21.3
日本の産業と電力  54.1
古代から近世の歴史 64.1
近世から現代の歴史 53.1
現代社会と日本の政治64.3
私たちのくらしと経済64.6
総合問題      53.8

【 採点者からひとこと 】
県立高校入試の約1か月前に実施した模試ということもあり、基本事項や重要記述などは正答率が高かったです。日頃から社会の勉強をしている生徒にとっては、「見たことある問題」が多かったかと思います。しかしながら、地理の資料読み取り問題や歴史の並べ替え問題、公民の資料読み取り記述問題など、思考力が必要な設問に関しては正答率が低いようでした。これまでに培った知識をもとに、その知識を応用した発展問題にも是非取り組んでみましょう。社会は「見たことある問題」をどれだけ増やすかで、得点率が大きく変わってきます。自信を持って試験に臨むためにも、1つ1つの経験を積み重ね桜を咲かせましょう。【城南本部校・小野】

 
●国語
大問別の項目 配点 設問のねらい
漢字の読み書き
6
既習の漢字を正確に読み書きできる。
説明的文章(論説文)
11
文章の構成を論理的にとらえ、筆者の主張を正しく読みとることができる。
文学的文章(小説文)
12
登場人物の心情や情景を、的確にとらえることができる。
古典(古文)
5
古文の基本的な知識を理解し、内容を正しく読みとることができる。
課題作文
6
条件に従って、自分の考えを文章にまとめることができる。
評価項目 配点 平均点
漢字の読み書き   65.4
説明的文章(論説文)116.3
文学的文章(小説文)128.5
古典(古文)    52.1
課題作文      65.1

【 採点者からひとこと 】
漢字の読み書きはよくできていました。小説文・論説文ともに記述問題での誤答が目立ち、問いかけ方に対する答え方が不十分な解答が多く見られました。解答となる箇所は探し当てているのに、要素が足りなくて減点されるのは非常にもったいないので、しっかり内容を考えて書きましょう。今後の演習では、自分の解答と模範解答がどう違うのかを照らし合わせながら、答え合わせを行ってください。また普段から答えを探すのではく、読解する習慣をつけましょう。古文では、全体的に間違いが多く見られました。まずは文章の内容を理解し、何を主題としているかを考えましょう。歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直す問題や、会話文の部分を抜き出す問題は頻出なので、必ず得点できるように演習してください。【富山本部校・片山】

 
●理科
大問別の項目 配点 設問のねらい
地層(大地の変化)
3
堆積岩についてわかり、大地の変化を読みとることができる。
動物のからだのつくり
5
動物のからだのつくりや、そのはたらきがわかる。
化学変化と質量
5
炭酸水素ナトリウムと塩酸の反応がわかり、計算問題を解くことができる。
エネルギーと仕事
5
仕事と力学的エネルギーについてわかる。
光合成
5
光合成のしくみと気体の出入りについてわかる。
星座と月の見え方
7
星座と月の見え方や、そのしくみがわかる。
水溶液の性質
5
水溶液の性質について理解し、計算問題を解くことができる。
電流の性質(電力量)
5
電力と熱量について理解し、計算問題を解くことができる。
評価項目 配点 平均点
地層(大地の変化) 32.1
動物のからだのつくり53.1
化学変化と質量   52.7
エネルギーと仕事  53.2
光合成       53.7
星座と月の見え方  75
水溶液の性質    53
電流の性質(電力量)53.1

【 採点者からひとこと 】
今回の模試は,県立入試の内容に合わせ,既習事項全般について基本的な内容を問う問題を中心に,一部,思考力を必要する発展的な問題を出題しました。特に正答率が低かったのは,硝酸カリウムの溶解度を使った計算問題です。硝酸カリウムの結晶ができ始めた温度から水溶液中の硝酸カリウムの量を計算する問題です。定番の溶解度の計算とは違い,深い思考力を必要とする問題でした。一方,基本的な問題の正答率は全般に高く,逆にそこで点数を落とすと差がつく結果になりました。本番の入試では中1~中3までの内容がほぼ偏りなく出題されます。すべての単元を穴なく学習しておく必要があります。間違いの多かった単元をもう一度見直し,自信をもって本番に臨めるようにしてください。【高岡駅南校・大野】

 
●英語
大問別の項目
配点
設問のねらい
【聞き取りテスト】
聞くこと
10
英語の説明や対話を聞いて、内容を理解することができる。
【筆記テスト】
1.話すこと
9
いろいろな対話文を読んで、内容を理解することができる。
2.読むこと
9
いろいろな英文を読んで、内容を理解することができる。
3.書くこと
12
さまざまな条件に応じて、英語で表現することができる。
評価項目 配点 平均点
聞くこと★リスニング108.1
話すこと      96.6
読むこと      94.8
書くこと      126.5

【採点者からひとこと】
リスニング問題に関して,問題Cの正答率が低かったようです。情報を整理しながら内容を把握するよう意識しましょう。また,さまざまな質問の形に慣れると良いでしょう。筆記問題に関して,日本語記述の問題での正答率が低かったように思われます。着眼点は正しいのですが,正しく日本語に訳せていない解答が多くありました。文法や英単語の意味を確認し,丁寧に訳出するように心掛けましょう。英作文問題に関して,ケアレスミスに注意が必要です。基本的な事項を復習し,本番で自分の力を出し切れるように,県立入試まで残り1ヵ月間頑張りましょう。【岩瀬校・碓井】

 
●数学
大問別の項目
配点
設問のねらい
基本問題
10
数学の基本事項を理解し、処理することができる。
確率と連立方程式
6
確率を求めたり、連立方程式をつくったりすることができる。
放物線
4
関数の式や座標を求めることができる。
数の規則性
5
規則を見つけ、応用することができる。
空間図形
4
立体図形において、線分の長さや面積を求めることができる。
1次関数の利用
5
1次関数の式やグラフを読みとることができる。
円の応用
6
図形の証明を利用して、問題を解くことができる。
評価項目 配点 平均点
基本問題      108.6
確率と連立方程式  64.3
放物線       42.3
数の規則性     52.6
空間図形      41.1
1次関数の利用   53.1
円の応用      61.9

【 採点者からひとこと 】
全体的に、みなさんの受験勉強の成果が感じられる答案が多く見られました。大問2の連立方程式や大問4の放物線、そして大問6の1次関数の問題は正答率がとても高く、取りこぼしたくない単元でもあります。問4の規則性では、いろいろな規則に気付き、文字式で表す力を試しました。一つひとつの規則は単純ですが、それらを組み合わせて考えることは難しかったようです。大問5と大問7は図形問題でした。教わってから日の浅いこの単元については練習不足の感が否めません。数学で高得点を上げるには、平面図形および空間図形の攻略は欠かせません。その一方で、入試本番においては、図形の問題ばかりに固執することなく、見直しの時間を必ず確保し、取りこぼしを防ぎましょう。【富山本部校・澤山】