第1回「新中3受験スタート模試」結果速報

富山県立高校入試育英模試 第1回 「新中3受験スタート模試」
(2019年3月10日(日)実施)

◆集計人数  1,323 人
◆平均点
総合 社会 国語 理科 英語 数学
133.127.228.427.522.827.2
 
高校別志望人数表(PDFファイル)←全高校データはこちらをクリック!
   ・高校別の今回模試の志望者数志望者平均点最高点を提示します。自分の志望校につい
    ての情報を手に入れよう!
 富山中部・富山・高岡高校データ 抜粋
志望校 第一志望 第一志望から第三志望
までの合計
人数 最高点 平均点 人数 最高点 平均点
富山中部 普通 104 188 159.3 280 192 162.2
探究科学 123 193 168.9 162 193 168.4
富山 普通 145 185 149.9 325 186 150.5
探究科学 38 185 159.1 163 189 163.9
高岡 普通 75 181 151.6 147 188 153.4
探究科学 36 185 163.6 60 189 165.7
 
得点分布表(PDFファイル)←こちらをクリック!
   ・総合,各教科の得点帯別人数表をご覧いただけます。全体順位や位置を知るのに最適です。
 5教科総合 得点帯別人数グラフ
 
◆各教科 設問のねらい、評価項目ごとの配点・結果、得点別人数
●社会
大問別の項目 配点 設問のねらい
世界の国々
6
地図や資料から世界各国の様子を読みとることができる。
ヨーロッパの地理
3
資料からヨーロッパの現状を読みとることができる。
中部地方・関東地方
7
中部地方・関東地方の特色をつかむことができる。
古代から近世の歴史
9
古代から近世にかけての政治・文化についてわかる。
近世から近代の歴史
5
明治維新前後の日本と世界の国々のかかわりが理解できる。
九州地方の産業や歴史
10
九州地方の地理や歴史について理解できる。
評価項目 配点 平均点
世界の国々     65
ヨーロッパの地理  32.7
中部地方・関東地方 74.8
古代から近世の歴史 95.6
近世から近代の歴史 52.5
九州地方の産業や歴史106.6

【 採点者からひとこと 】
はじめてお受けいただいた社会科の模試はいかがでしたか? まずは問題数や出題形式に慣れていただき、今後の模試では高得点を目指して頑張っていただければと思います。誤答が多かった問題としては、地理では大問3(4)の雨温図の問題が挙げられます。日本や世界の各地の雨温図の形を確認し、降水量が多い時期などを覚えておく必要があります。また、歴史に関しては、5(1)の正答率が特に低かったです。①は「日米和親条約」か「日米修好通商条約」か、②は「南北戦争」か「アヘン戦争」かで迷われた方が多かったようです。似た語句や時期が近い出来事については特に区別が必要です。記述問題については、今後も教科書記述通りに書けばいい、いわゆる「定番」ものが良く出題されます。教科書を読むだけでなく、書いて覚えることが重要になります。【天正寺校・吉井】

 
●国語
大問別の項目 配点 設問のねらい
漢字の読み書き
6
既習の漢字を正確に読み書きできる。
説明的文章(論説文)
11
文章の構成を論理的にとらえ、筆者の主張を正しく読みとることができる。
文学的文章(小説文)
12
登場人物の心情や情景を的確にとらえることができる。
古典(古文)
5
古典の基本的な知識を理解し、内容を正しく読みとることができる。
課題作文
6
テーマを理解し、指示に従って自分の意見をまとめることができる。
評価項目 配点 平均点
漢字の読み書き   64.4
説明的文章(論説文)117.6
文学的文章(小説文)128.8
古典(古文)    52.9
課題作文      64.8

【 採点者からひとこと 】
大問一の漢字については、ウの「繁茂(はんも)」が読めず、正答率は約35%でした。またオの「簡潔」のハネが不十分で誤答となった答案が多くありました。丁寧に書くように心がけましょう。大問二・大問三の文章題については、記述問題で本文の内容をうまくまとめられずに減点、誤答となった答案が多かったように思います。問題文をよく読み、本文の内容を適切にまとめられるように、日ごろから意識して取り組みましょう。大問四の古文については、全体的に文章理解が難しかったようです。基本的な知識をしっかり復習しておきましょう。大問五の作文は、誤字・脱字が多く見受けられましたので、間違いの内容に時間に余裕を持って取り組めるように、日ごろから練習しておきましょう。【高岡本部校・清鶴】

 
●理科
大問別の項目 配点 設問のねらい
光の性質
5
鏡や凸レンズなどへの光の進み方がわかる。
分解
5
炭酸水素ナトリウムの分解の実験が理解できる。
光合成
5
光合成のしくみがわかる。
血液の循環
5
血液循環の道すじと、各器官のはたらきが理解できる。
地震
5
地震のゆれの伝わり方や、地震の発生のしくみがわかる。
電圧と電流
5
オームの法則を理解し、計算問題を解くことができる。
状態変化
5
物質の状態変化についてわかる。
気象観測
5
気象観測の方法や、天気図記号のかき方がわかる。
評価項目 配点 平均点
光の性質      53.2
分解        53.6
光合成       54.2
血液の循環     53.2
地震        52.5
電圧と電流     54
状態変化      53.4
気象観測      53.5

【 採点者からひとこと 】
新中3の皆さんにとっては,初めての理科の模試ということで,少し戸惑いが見られたと思います。基本的な問いかけが多い模試でしたが,なんとなくの理解のままだと,記述問題では,あいまいな解答になったり,正解となる選択肢が,最後までしぼれなかったりしがちです。そこで春休みでは,教科書をしっかりと読み,用語の意味や,実験の手順と結果などをしっかりと復習しましょう。また,化学反応や電流・電圧,地震などの基本的な計算問題にもくり返し取り組みましょう。今年の入試では,1・2年分野が大問8題のうち5題と多く出題されていましたが,理科は,今からでも伸ばすことのできる教科です。あきらめずじっくりと問題に取り組んで下さい。【富山本部校・樫田】

 
●英語
大問別の項目
配点
設問のねらい
【聞き取りテスト】
聞くこと
10
英語の説明や対話を聞いて、内容が理解できる。
【筆記テスト】
1. 話すこと
9
いろいろな対話文の流れを理解し、それを英語で表現できる。
2. 読むこと
9
英語の長文を読みとり、それを表現できる。
3. 書くこと
12
さまざまな場面に応じて、英語で表現できる。
評価項目 配点 平均点
聞くこと★リスニング106.9
話すこと      96.5
読むこと      94.4
書くこと      125.1

【採点者からひとこと】
リスニング問題は,問題C①や問題Dの正答率が低かったです。何を問われているか正確に聞き取り、英語に直す練習をしましょう。筆記問題では、時間不足ですべての問題を解ききれていない生徒が多かったです。まずは、長文を読む練習をして、英文を読む速度をあげましょう。日本語記述問題では、内容が足りずに不正解になっています。本文の読み取りをしっかり行い、書かれている内容を正確に日本語に直す練習が必要です。また、大問3〔2〕〔3〕は全体的に正答率が低く、英文を書き慣れていない様子が見受けられます。英作文の問題に積極的に取り組み、自分の考えを英語で書く練習を増やしましょう。【福光校・二上】

 
●数学
大問別の項目
配点
設問のねらい
基本問題
10
各単元における基本的な内容が理解できる。
連立方程式の利用
3
与えられた条件から立式し、解くことができる。
資料の活用
3
資料から代表値を読みとることができる。
1次関数
5
1次関数のグラフを表す式や、グラフの交点を求めることができる。
空間図形
4
立体の特徴を理解し、体積を求めることができる。
規則性
4
規則を理解し、文字式を使って説明できる。
平面図形
5
合同な図形の証明をし、そのことがらを利用することができる。
1次関数の利用
6
時間と道のりの関係を関数として利用することができる。
評価項目 配点 平均点
基本問題      107.6
連立方程式の利用  32.4
資料の活用     32.7
1次関数      53.2
空間図形      41.8
規則性       42.7
平面図形      53.3
1次関数の利用   63.5

【 採点者からひとこと 】
新中3となっての1回目の模試ですから,1,2年生内容の基礎的な計算問題から応用問題まで幅広く出題しました。基本は充分理解している生徒は多かったようですが,応用問題になるとやはり「できる」「できない」の差が出ていました。「式による説明」や「合同の証明」の単元では,説明の部分や証明の根拠が適切に書けていないものが目立ちました。また,「空間図形」や「1次関数」の単元では,公式を使いこなす問題や直線の式を求める問題等が解けていませんでした。方程式や関数,図形は数学の中では大切な分野です。この春休みを活用して苦手分野を克服できるよう,しっかり復習しましょう。【砺波校・山本】