第4回 「実力判定模試」結果速報

富山県立高校入試育英模試 第4回 「実力判定模試」
(平成30年11月3日(土・祝)実施)

◆集計人数  2,320 人
◆平均点
総合 社会 国語 理科 英語 数学
131.326.629.922.927.224.6
 
高校別志望人数表(PDFファイル)←全高校データはこちらをクリック!
   ・高校別の今回模試の志望者数志望者平均点最高点を提示します。自分の志望校につい
    ての情報を手に入れよう!
 富山中部・富山・高岡高校データ 抜粋
志望校 第一志望 第一志望から第三志望
までの合計
人数 最高点 平均点 人数 最高点 平均点
富山中部 普通 136 182 156.1 372 193 162.3
探究科学 134 193 172.6 178 193 170.9
富山 普通 201 178 148.3 530 182 150.8
探究科学 84 179 157.3 270 193 164
高岡 普通 144 181 155.2 282 184 154.5
探究科学 58 184 164.1 107 193 164.5
 
得点分布表(PDFファイル)←こちらをクリック!
   ・総合,各教科の得点帯別人数表をご覧いただけます。全体順位や位置を知るのに最適です。
 5教科総合 得点帯別人数グラフ
 
◆各教科 設問のねらい、評価項目ごとの配点・結果、得点別人数
●社会
大問別の項目 配点 設問のねらい
九州地方の地理
6
地図や資料から、九州地方の特色が理解できる。
日本の水産業
2
日本の水産業の変化をとらえることができる。
ヨーロッパ州の地理
6
ヨーロッパ州の農業や工業について、その特徴を理解できる。
弥生から江戸時代
8
弥生時代から江戸時代の日本と外国とのかかわりがわかる。
明治時代以降の政治
7
明治時代以降の日本の政治の特徴がわかる。
私たちと現代社会
5
現代社会の諸問題について、資料から理解できる。
日本国憲法と人権
6
日本国憲法と人権について、内容と特色がわかる。
評価項目 配点 平均点
九州地方の地理   64.2
日本の水産業    21.3
ヨーロッパ州の地理 64.5
弥生から江戸時代  85.3
明治時代以降の政治 73.5
私たちと現代社会  54.4
日本国憲法と人権  63.4

【 採点者からひとこと 】
地理分野の問題では,資料からわかることを読み取る問題での間違いが多くみられました。大問1(1)②や大問2Ⅱのような問題は,関係する資料を教科書で必ず確認し,その特徴を読み取る練習をしておきましょう。歴史分野の問題ではできごとの結果を説明する問題での間違いが多くみられました。教科書に載っているできごとの原因やその結果を整理し,まとめておきましょう。公民分野の問題では,教科書に載っている様々な図をノートに書き写すなどして,まとめなおしておきましょう。また解答だけを確認するのではなく,それに関連する項目もいっしょに確認しておきましょう。【富山本部校・山本】

 
●国語
大問別の項目 配点 設問のねらい
漢字の読み書き
6
既習の漢字を正確に読み書きできる。
説明的文章(論説文)
12
筆者の主張や考えを正しく読み取ることができる。
文学的文章(随筆文)
11
場面をきちんと把握し、筆者の心情や考えを読み取ることができる。
古典(古文)
5
古文の内容を正しく読み取ることができる。
課題作文
6
資料から読み取れる情報を、条件に従って文章にまとめることができる。
評価項目 配点 平均点
漢字の読み書き   64.3
説明的文章(論説文)128.2
文学的文章(随筆文)118
古典(古文)    53.9
課題作文      65.4

【 採点者からひとこと 】
漢字の読みはよくできていましたが、書きでは「刷る」を書けている生徒が少なかったです。熟語での練習や訓読みで書く練習をしておきましょう。長文問題では、問われていることに正しく解答できていない答案が目立ちました。今後の演習では、問題文をしっかりと読み、自分が答えるものを理解しながら取り組むようにしましょう。また、解答が傍線部から離れたところにある問題を出題していましたが正答率が低かったです。普段から答えを探すのではなく、読解する習慣をつけましょう。古文においては基本的な問題は解けていましたが、内容理解の問題では正答できていない生徒が多かったです。本文を正しく読む練習をしておきましょう。【福光校・臼山】

 
●理科
大問別の項目 配点 設問のねらい
遺伝
5
遺伝の規則性についてわかる。
物質の溶解度
5
物質の溶解度について理解できる。
火山と火成岩
5
火山の形とマグマ、火成岩についてわかる。
圧力と浮力
5
圧力や浮力について理解し、計算問題を解くことができる。
消化と吸収
5
消化吸収や酵素のはたらきについてわかる。
電気分解
5
塩化銅水溶液の電気分解について理解できる。
雲のでき方
5
水蒸気や湿度について理解し、雲のでき方がわかる。
直列回路と並列回路
5
直列・並列回路の特性について理解できる。
評価項目 配点 平均点
遺伝        53.5
物質の溶解度    52.3
火山と火成岩    53.1
圧力と浮力     52.7
消化と吸収     52.8
電気分解      52.9
雲のでき方     53
直列回路と並列回路 52.4

【 採点者からひとこと 】
今回の模試の内容は、中1・中2・中3の各学年から、3:3:2の割合で基礎から発展的内容までの問題を出題しました。平均点は22.9点と低い結果になり、まだまだ学習不足が露呈した結果となりました。その中でも比較的よくできたのは「遺伝」、特に正解率の低かった分野は「溶解度」[電流]です。「溶解度」の記述問題は、『温度の変化による溶解度の変化が少ないから』といった、数値を使った論理的な説明になっていない解答が目立ちました。「電流」は、難しく感じた人も多かったのではないかと思いますが、直列回路、並列回路の性質を十分理解していれば解答できる問題です。冬休み、不得意単元を得意単元になるようしっかりと解き方を確認し練習しておきましょう!【砺波校校・藤井】

 
●英語
大問別の項目
配点
設問のねらい
【聞き取りテスト】
聞くこと
10
英語の説明や対話を聞いて、内容を理解することができる。
【筆記テスト】
1.話すこと
9
いろいろな対話文を読んで、内容を理解することができる。
2.読むこと
9
いろいろな英文を読んで、内容を理解することができる。
3.書くこと
12
さまざまな場面に応じて、英語で表現できる。 数 学大問別の項目 配点
評価項目 配点 平均点
聞くこと★リスニング108.3
話すこと      97
読むこと      94.6
書くこと      127.3

【採点者からひとこと】
リスニングでは問題Dで差がつきました。疑問文の内容をしっかりと聞き,答えの英文を書くときは,適切な主語と動詞を使うようにしましょう。筆記では,対話文読解に時間がかかり,長文読解や英作文の問題を解く時間が不足したと思われるものが見られました。読解問題は時間を計って取り組み,時間配分がうまくできるようにしましょう。長文読解では〔2〕を難しく感じた受験者が多いようです。このような科学的な内容の英文は富山県公立入試で頻出です。しっかり練習しましょう。英作文では,最後のディベート問題で差がつきました。日頃からいろいろなテーマについて自分の伝えたいことを英文で書く練習をしましょう。書いた英文は,先生に添削してもらい,正しい英文で書けるようにしましょう。【入善校・相川】

 
●数学
大問別の項目
配点
設問のねらい
基本問題
11
計算問題を確実に解くことができる。
2次方程式の利用
4
問題文を理解して1次方程式をつくり、解くことができる。
資料の活用
4
2つの資料を比べて、代表値の違いを考え、表現することができる。
関数у=ax2
4
放物線上の座標を求めて、変域や三角形の面積を求めることができる。
空間図形
4
空間図形の特徴を理解し、体積を求めることができる。
規則性
4
規則を理解し、文字を使って表すことができる。
1次関数の利用
4
点の移動にともなう面積の変化を、関数としてとらえることができる。
平面図形
5
平面図形の性質を使い、平行四辺形であることを証明することができる。
評価項目 配点 平均点
基本問題      118.6
2次方程式の利用  43.3
資料の活用     42.5
関数у=ax2    42.3
空間図形      42.4
規則性       41.4
1次関数の利用   42
平面図形      52

【 採点者からひとこと 】
今回の模試は,既習内容をバランスよく出題しました。全体的にみると,基本的な問題は,比較的よく押さえられているように思います。ただし,差が出た部分としては,大問6の(3)や大問7の(2)や大問8の(2)になります。その中でも,規則性と平面図形の問題の正答率が良くなかったです。見たことのないような規則性の問題では,一つ一つの問題がヒントになってきます。そこから規則を捉える練習をしましょう。また,平面図形では,証明が出来ないからと言って,その後の問題をあきらめることのないようにしていきましょう。今後は,過去の入試問題を解いてみるなど,入試レベルの問題にも慣れていくように,計画的に勉強していきましょう。【岩瀬校・西村】