富山育英センター

無料の体験授業・学習相談のお申込み・資料請求は
お電話でも受け付けています。

076-441-8006

受付時間 月〜土 9:00〜21:30

黒部校Iの勉強日記 ~英語の5文型①~

黒部校

こんにちは。黒部校のIです。

 

今回のテーマは「英語の5文型」についてです。高校1年生のはじめに習う単元ですね。

中学生ではあまり勉強することはない単元ですが,これを身に付けることで英文の読解力・文法解釈の力が格段にUPします!

高校生の皆さんはこれをしっかりと身に付けて,高校での勉強に活かしていきましょう!

 

 

まずは「英語の5文型」の内容の確認をしていきましょう。

①英文を書く際に重要な「文の要素」について

英文を書く際・読む際に,皆さんは何を意識しますか?

英単語の日本語訳を知っている…英文法は◯◯が使われている…など。

 

高校1年生で勉強する「英語の5文型」を知るために欠かせないのが,これから紹介する「文の要素」です。

S主語〔I(わたしは),The dog(この犬は),This book(この本は)など〕

V動詞〔be動詞(~である・~です),play,study,swimなど〕

O目的語〔動詞の対象となることば〕

C補語〔主語や目的語を説明することば〕

 

中学生の皆さんであっても,主語動詞くらいは聞いたことがありますよね。

あまり聞いたことが無いような目的語補語については,この後説明をしていきます。

 

さて,さっそくですが次の例文を見て,下線を引いた部分をさきほど紹介した「文の要素」に分けてみましょう!

例文①)I study English. 私は英語を勉強します。

 

 

 

答えは…

I study English. となります。

S  V   O

主語動詞はなんとなく分かりましたよね?

今回の例文①では目的語とは何かに焦点を当ててみましょう。

例文①の動詞はstudyでしたね。日本語訳の意味は「~を勉強する」ですね。

 

もしも例文①のEnglishが無かったとしたらどうなるでしょう?

「私は勉強します。」……何を??となりますよね。

目的語とは,英文中の動詞が表す動作・状態の対象となる語のことを言います。

目的語かどうかを確かめたい場合は,英文を日本語にしたときに「~を・~に」などの訳ができれば目的語であることが多いです。

(そのほかにも目的語の見分け方はたくさんあります。)

 

 

では続いての例文も「文の要素」に分けてみましょう。

例文②)He is Mike. 彼はマイクです。

 

 

 

答えは…

He is Mike. となります。

S  V  C

今回の例文②でも主語動詞はすぐわかりましたよね。(isはそもそもbe動詞と呼ばれますよね。)

今回は補語に焦点を当ててみましょう。

 

補語とは,主語目的語を説明するはたらきを持つ語です。

例文②の主語はHeですが,そのHeの名前は=Mikeであるというように,

今回のMikeは主語Heの説明をしていることがわかりますね!

中学生の皆さんは,目的語補語というものがどのようなものかを頭の片隅に置いておいてくださいね!

 

 

 

ここからが今回の本題です。

先ほど紹介した「文の要素」を組み合わせることで,「文型」というものを5つ作れます。

・第1文型:S+V

・第2文型:S+V+C

・第3文型:S+V+O

・第4文型:S+V+O+O

・第5文型:S+V+O+C

全ての英文はこれら5文型のうちのいずれかに分類できると言われています!

つまり5文型をしっかり覚えておくことで,あらゆる英文の分析が可能になるわけですね!(例外はありますが…)

 

先ほどの例文を用いて,文型の分類をしてみましょう!

例文①)I study English. SVOの組み合わせの文なので,文型は第3文型です。

例文②)He is Mike. SVCの組み合わせの文なので,文型は第2文型です。

「文の要素」で各部分を分類することができれば,文型は簡単に見抜けますね!

 

 

 

今回の最後に,英語の5文型を使いこなすための練習をしてみましょう。

次の各英文が第何文型になるかを考えてみましょう!

 

 

例文①)She is an English teacher. 彼女は英語の先生です。

例文②)My brother plays soccer. 私の弟はサッカーをします。

例文③)My father gave me a new bag. 私の父は私に新しいカバンをあげました。

例文④)The news made us sad. その知らせは私たちを悲しませました。

 

この問題の答えは,次回の記事にて!

中学生の皆さんはまずは「文の要素」でそれぞれの分類をしてみましょう!

高校生の皆さんは全問正解を目指しましょう!

 

次の記事→黒部校Iの勉強日記 ~英語の5文型②~

 

黒部校 校舎ブログブログ新着