時々解説ブログ「大河ドラマ待ってます」

 

大河ドラマが放送延期となり「麒麟を待つ」日々のブログ担当です。

以前も一度「麒麟がくる」関係のブログを公開しましたが、今回も戦国武将についてのブログになります。

ただ、織田信長や明智光秀についてまとめるとネタバレになるので、この人たちとはあまり関係のない

超有名武将 北条氏康

についてまとめます。え、知らない?担当御用達の「いらすとや」には藤堂高虎や後藤又兵衛などのマイナー武将(失礼ですね)のイラストはあるのにこの人は無いです。悲しいですね。以下紹介です。

 

北条氏康(1515年~1571年)

後北条氏(鎌倉時代の北条氏と区別するための呼び方)の3代目として、上杉謙信、武田信玄、今川義元などの強大な敵と戦いながら関東に一大勢力を築く。

川越夜戦では足利連合軍8万に対して1万の軍で勝利する(このとき義兄弟の北条綱成はまだ勝っていないのに「勝った、勝った!」といいながら突撃に成功しています)

氏康の軍は「北条五色揃え」と呼ばれ、俗に「北条ゴレンジャー」とも呼ばれています。

そして、氏康の功績として最も大きいのが「内政」(領地内の政治のこと)です!

・検地(太閤検地が有名ですね)を徹底して行い、領民の負担を減らす

・ばらばらだった通貨や度量衡(mやgなどの単位)を統一

・上下水道や伝馬制の整備

などまだまだあります。このような氏康の政治は、その後、関東に幕府を開く徳川家康にも受け継がれ、関東発展の基礎となります。

 

自分の好きな歴史上の人物を見つけると勉強も楽しくなってくると思います。

自分の好きなキャラを「推し」として応援する文化も広がっているので、

皆さんもぜひ「推し偉人」を探してみましょう!

北条家は大河ドラマ化しておらず供給が少ないので、担当は切に北条家の大河ドラマ化を待っています。タイトルとダブルミーニングですね。