頑張った塾生の合格体験記⑥

皆さん元気に過ごしていますか?富山本部校の澤山です。

本日の富山市の気温は38℃です。間違いなく、今年一番ですね。

コロナもそうですが、熱中症にも気を付けましょう。『3密』は避けなければいけませんが、

先日新聞で『3とる』の記事がありました。特に夏の間は、

①人との距離を「とる」

②我慢せずに距離をとった上でマスクを「とる」

③こまめに水分を「とる」

マスクをしていたら、のどが渇きにくく、水分をとることを忘れがちです。

我々もマスクをして授業していますが、確かにのどの渇きはいつもより感じないような気がします。

さて今日も、今年合格を勝ち取った生徒の体験記を1つ紹介します。

 

「みんなに感謝」

 私は、夏休み中も部活があって周りが勉強している中、焦って夏休みを過ごしていたことを覚えています。

友達と志望校が一緒で、その子とテストの点数や普段の勉強時間などを言い合い、お互い頑張ることが

できました。

 受験期は、不安を感じることが多かったけれど、周りにいる友達や家族、先生にたくさん助けられました。

私が落ち込んでいるときに、「大丈夫だよ」とか「次がんばろう」とたくさん声をかけてくれました。

毎日おいしいご飯を作ってくれたり、塾の送迎を当たり前のようにしてくれたり、いつも1番近くで応援

してくれた両親には本当に感謝しています。

 何回も心が折れそうになったけれど、支えてくださった、たくさんの方々、本当にありがとうございました。

                                      (堀川中学校卒業生)

 

彼女の体験記には、自分の頑張りよりも周囲への感謝が中心に書かれています。

各中学校の吹奏楽部に所属している生徒は、この夏休みも練習に励んでいると聞いています。

引退は9月末になる中学校もあるそうです。

彼女は、その忙しい夏休みも夏期講習に毎日参加し、自習もして本当に頑張っていたと記憶しています。

でも、その頑張りには周りの支えが大きかったということでしょうか?家族・友達・先生などが支えてくれる

のは、その支えに対して彼女のように「感謝」や「ありがとう」を素直に言えるからだと感じました。

勉強に対しても、素直は大切です。テストの結果を素直に受け止めて、今の自分に必要な学習をする。

これができる生徒はグンと点数が伸びていきます。

夏が終わると、県立高校入試まであと6ヶ月です。志望校合格目指して、一緒に頑張りましょう!

育英模試、中3夏期講習後期、2学期入塾など、随時受付中です!